PR|上越市で太陽光発電のついた家づくりは|

 

日本は1970年代のオイルショックから太陽光発電においての開発と普及に力を入れ始め、生産量や導入量で長く世界一です。2000年ごろまでは欧州全体よりも日本一国太陽光発電量が多くありました。

2004年頃には全世界の約半分ほどの太陽光の電池を生産していましたが2010年の生産世界シェアは9%となり、減少しています。生産自体は2GWpを超えて増加しており、その生産の半分以上を輸出します。輸入量は国内販売量の約16%です。国内出荷量のほとんどが住宅向けで作られるものが多く。一戸建て向けが中心ですが近年では集合住宅での導入の例も多く見られるようになりました。
2005年に新エネルギー財団(NEF)の助成が終了すると同時に国内の市場は縮小し価格が下がらなくなりました。
しかし、2008年以降助成策強化によるもので国内の市場は拡大し始め、価格が下がり始めました。太陽光発電はこれからもっと増えていく物となり、生活の中での電気の供給として重要な存在になっていくと思われます。