シーリングの廃棄方法

シーリングの廃棄方法について、残材は必ず硬化させた後に、15cm以下に切断をし、廃プラスチックとして処理する事が必要です。
プライマー・洗浄用溶剤の有機溶剤が関わる物については多くの場合、これらには消防法で危険物に規定する有機溶剤が使用されているので消防法や有機溶剤中毒予防規則を遵守しなければなりません。廃棄物としては特別管理産業廃棄物に該当するので、密封可能な金属容器に保管してから、正規の業者に処分を依頼する必要があります。

シーリング材硬化物が付着した容器は減容化した後、廃プラスチックと金属くずの混合物として廃棄物処理業者に依頼して処分する事が必要です。
改修工事などに発生した撤去シーリング材については、基本的に建築廃材の一部として、廃プラスチック類として扱われます。これらはいずれも安定型最終処分場への埋立てが可能です。しかし廃プラスチックとして処分する場合は15cm以下に切断する必要があります。

PR| モデルハウスの見学なら

コメントを残す