オール電化の料金体系

オール電化の料金体制についてですが、太陽光発電付きのオール電化住宅に用いられる電力の契約については、3種類です。深夜時間帯の安い電力を用いるという事で共通します。
まずは深夜電力についてですが、深夜の時間帯から早朝の時間帯にかけてのあらかじめ決められた時間だけの電気契約です。相場で大体の電力単価が1kwあたり8~9円程と安いのですが、契約時間帯が過ぎてしまうと遮断されてしまい電気が使えなくなります。一般家庭で広く利用される従来の電気と加えて利用をする場合がとても多いです。主に電気温水器が使われる用途です。
2つ目として、時間帯別電灯。名前の通り電気を使う時間帯によって電力単価が変わる電気契約です。2~3段階の単価が設けられる場合が多いです。3段階の場合は深夜時間帯が8~9円前後と非常に安く、早朝~10時までの前後と夕方から~真夜中前後が従量電灯並みの23円前後です。一番値段の単価が高い時間として、正午前から午後3時前後までが最も高い30円前後となる場合が多いです。ごく普通なオール電化の料金契約です。

PR|  子育て世代の家作り応援

コメントを残す